BL備忘録。プラスα

BL本のレビューなど。モバイル機器や競馬も好きなのでそういう話題もあるかと思います。

腐女子の入り口

皆様こんにちは。まだ5月だというのに暑いですね。埼玉に越してきてから8年になるのですが、大なり小なり毎年夏バテしていまして、今年こそはバテずに乗り越えたいものです。

 

さて、今日は「自分はいつから腐女子なのか」という事を振り返ってみたいと思います。

とは言っても、もうかれこれ15年以上はBL商業誌を読むだけという状態で二次系にはほとんどノータッチなので(ごくごくたまに発作的にピクシブに入り浸ったりはしますが)、世間で腐女子を自称している人たちからするとちょっと線を引かれてしまいそうではあるのですが。自分としては腐女子だという自覚があるので、その前提でいきたいと思います。

だいたいざっくりと説明すると、私より上の世代は「風と木の詩」に代表される24年組の漫画とか、森茉莉さんなどの文学からというのが恐らく主流。そこから色々同人誌界が活況になっていき、いわゆる二次創作がどんどん幅を広げていって、私の世代だと既にキャプ翼同人誌などのブームが落ち着いていた頃ですね。晴海から場所が移るかどうかという頃です。その頃になると大体みな一様に本屋で見かけた「メイドイン星矢」「サムライキッズ」が入り口というのがお決まりのパターンでした。

私ももちろん小学校高学年の頃アンソロジーの洗礼を受けています。

でもそれより先に私の腐女子アンテナに引っかかったのは映画「魔界転生」でした。

ご存知でしょうか? 山田風太郎原作、深作欣二監督の1981年公開作品です。私もリアルタイムではないのですが、子供の頃、おそらく小学2年生くらいだったと思うんですが、テレビ放映があって見たのが最初です。子供だから詳しいストーリーは分かってはいませんでしたが、天草四郎時貞沢田研二)と伊賀の霧丸(真田広之)のキスシーンになんとも言えずそわそわとしたのが一番最初の「萌え」(そのころこんな言葉知りませんが)でした。

それと前後してこちらもテレビ放映で見たのですが、映画「里見八犬伝」。こちらも真田広之さんが出演していまして、太ももに目が釘付けになった事をよく覚えています。

当時はまだ子供だったので自分の感情をうまく言語化出来なくて

こういうの魔界転生里見八犬伝)もっと見たい!」

と思っていたのですが「こういうの」が何なのかという事に気づくのはもう少し後になってからでした。後ろめたくて親には言えなかったものの「大人の男の人もああいう風に太もも見せればいいのになー」とぼんやり思っていたものです。あと痛めつけられる苦悶の表情とかですね……もっと見たいなと思っていました。

なんて小学生なんでしょうね!

ちなみに「メイドイン星矢」の洗礼を受けたのは小学5年、初めてオリジナルJUNE同人誌を買ったのが中学1年、コミケに行ったのも同じ頃でした。(今なら問題になるかもしれませんが当時は大らかでした。)

その後は当時のお定まりのコースで、桑原水菜さんの「炎のミラージュ」だったり、西炯子さんの「水が氷になるとき」だったり、羅川真理茂さんの「ニューヨーク・ニューヨーク」だったり、高口里純さんの「幸運男子」だったり、杉本亜未さんの「ANIMAL X」だったり、吉原理恵子さんの「間の楔」だったりですね、ニアも含まれていますが、まだBL商業誌がジャンルとして確立していなかったので、友達同士で情報を交換しあってはこういった作品に触れていました。当時はネットはまだなかったものの「ぱふ」などの情報誌があったのでそれなりに充実した腐女子ライフだったような気がします。当時はまだ死がふたりを分かつまで的エンドも多かったので読み終わった後に抜け殻になった事も少なくないのですが……。

中学3年の頃には六本木の映画館にゲイ映画を観に行ったりもしました。友達に連れられていったので作品名も上映館も覚えていないのですが、まだまだひよっこ腐女子だったので

「実写……無理。ヒゲだしハゲてるし。しかも受がハゲてるし!なんかちょくちょく浮気してるし意味わかんない!」

となったのもまぁ、今となってはいい思い出です。受験勉強もせずに何やってんだかって感じですが。(ちなみに今はヒゲやら体毛やらはドンと来い!です。ハゲは……攻が薄くても気にならないけど受だと自信ない)

同人ライフ的には、オリジナルJUNE系をメインに、芸能(とくに音楽)ばっかりでアニパロ等にはあまりハマっていません。ほんのいっとき、「ヒカルの碁」と「ホイッスル!」にハマったぐらいでしょうか。

 

現在の腐女子の入り口は大半が「ネット検索」かと思います。好きな作品やキャラクターについて検索をかけるとどうしても腐の傾向のあるサイトやイラスト、つぶやきに出くわしますからね。

そういう入り口があちこちに見えている訳ですから、きっと腐女子っていうのは量産されていて、なんとなく二次創作で友達と盛り上がって、社会人になる頃には卒業してしまう、っていうライト層のパターンも出来ているんだろうなと思います。

インターネットという最強の情報ツールがない時代に、小学生の頃から腐女子みを抱えていた私としては卒業できるのが少し羨ましくもあり……いや、でも実際、腐女子って楽しいですよね。一人で楽しめるから。ただ何か新しいものにはまってしまうと一気に財布が寂しくなるのと物が爆発的に増えて収納に困るという点を除けば、楽しいです。

……そんな訳で何故か今「君の名前で僕を呼んで」からの「コードネームU.N.C.L.E.」ときてイリソロにはまりつつあるっていうか中の人にはまりそうっていうかまさか自分が本気で字幕なしで映画を観られるようになるにはどうしたらいいかなんて真剣に検討するようになるとはみたいな。根っからオタク気質なので出演作が日本公開がないせいで観られないとかきっと耐えられない……とか悶々と、しておりますよ。

ああ……どうしよう……。

 

 29日まで無料配信されています。若く妖艶なジュリーとやんちゃ受感のある真田広之がおいしいのでこの機会にどうぞ。

gyao.yahoo.co.jp

余談ですが、去年ジュリーの舞台を見に行く機会に恵まれまして、相変わらずのセクシーな歌声に感動しました。