BL備忘録。プラスα

BL本のレビューなど。モバイル機器や競馬も好きなのでそういう話題もあるかと思います。

今日でブログ開設からちょうど半年。

皆さんこんばんは、暑くて暑くてバテる一方ですね!

最近は午前中に目覚めて温度計を見ると既に室温が30度を超えていて「比較的涼しい午前中」というフレーズはもはや幻だな……と感じています。今日は目覚めてすぐエアコン入れました。

 

さて、今日でブログ開設からちょうど半年と、はてなからの通知で知りました。

でも上半期振り返りで開設からの事も大体振り返ってしまったし、これと言って書くべきことが見当たりません。

 

とりあえず明日は羽田なのか成田なのか気になって何も手に付きません。

え?何が羽田だ成田だ、だって?

いやー何を隠そう(おそらく)明日はミッションインポッシブル御一行がレッドカーペット諸々のために来日するのです!おそらく!←公式発表がないので推測です。とは言え17日午後イチにも韓国で舞台登壇するそうですし、18日はレッドカーペット当日ですし、まぁ17日夕方から夜にかけてがスケジュール的に無理がなさそうだとは思うのですが。

聞くところによると前回はトムは自家用ジェットで深夜から早朝にかけて日本に到着したそうで、全く読めません。他の面子も一緒なのかどうかも解りません。

 

そんな訳でお仕事で羽田、及び成田をご利用の皆様。トムクルーズ及びサイモンペッグ及びヘンリーカヴィル及び監督が来日するため、空港は騒がしい(殺気立っている?)かもしれません。ご了承下さいませ。

 

……と、頑張りたい気持ちはありますが自宅からは成田は遠いので正直行きたくありません。どうか羽田で勘弁してくれないかな?

御一行もロッテモール金浦空港でイベントしてるし、金浦空港からなら羽田でしょう??わざわざ仁川国際空港まで行って成田へおります?どうせそこから都内ヘ移動でしょう??日本の会場は日比谷だよ???

なんて熱心なのか怠惰なのかどっちなんだよって感じですが……とりあえず羽田に行こうかなと思っています。外れたら民族大移動ですね。おそらく直前になったらザワザワと漏れ聞こえてくるでしょうし。

最悪、羽田にいて外れたらきっぱり諦めて、日比谷のオクトーバー・フェストをひやかし、新宿でモモアマンの「ワイルドブレイブ」を観て、翌朝は早めに日比谷移動でしょうか。

うーん。半日も日比谷待機なんて出来るのでしょうか。明後日の暑さも危険水域だと思うのですけど。

しかし噂では18日夕方のレッドカーペットのために14日から並んでいる方もいらっしゃるそうで……あ、勿論公式からは徹夜禁止が言い渡されておりますので良い子は真似してはいけませんよ。トムファンなら私よりお姉様という方も当然いらっしゃるでしょうが、元気ですねぇ。

ヘンリーカヴィルが劫火に焼かれていてツライ

完全にひとり言です。まっったくPOPではありません。

 

続きを読む

地上波でドラマ化!?「ポルノグラファー」

映像化のニュースはちらっと見ていたのですが、よくよく読んだら、地上波ですと!?

 

nijimen.net

マジですか。

なんか、あれですかね。おっさんずラブの二匹目のドジョウ狙い的な……?

いや、もちろん前々から営業さんが頑張ってらしたのでしょうけど、おっさんずラブが後押しになったのだろうなという気がします。

私はBLCDも滅多に聴かないので、実写にはそれほど興味はないのですが、それにしても丸木戸さんのポルノグラファーってところが渋いです。

決して、BLの王道ではありませんからね。まず木島が一般的に好感を得られるキャラじゃありません。

丸木戸さんの温度が低いような高いような、ちゃんとキャラクターごとの温度がはっきりしていて、滑稽だけどギャグではない、という空気感はどういう風に描かれるのでしょうか。それにちょっとレトロな雰囲気もありますよね。今時のイケメン俳優にあの空気、合うのかなぁ。

そしてもし、ドラマから入って気に入ったら、是非スピンオフの「インディゴの気分」も読んでほしい。木島のひねくれ具合が何処からきているのかが解ると思います。変人だけど、そう悪いヤツじゃないと思えるはずです。

 時系列的にはインディゴ〜が先ですが、出版順にポルノグラファーから入る方がオススメです。蒲生田先生も良いキャラで、凄く好きなのですが、これは私が疑似家族萌えだからかもしれません。

ポルノグラファー (onBLUEコミックス)

ポルノグラファー (onBLUEコミックス)

 

  

インディゴの気分 (Feelコミックス オンブルー)

インディゴの気分 (Feelコミックス オンブルー)

 

 

急にiTunesがiPhoneを認識しなくなった

皆様こんにちは。私の住む北関東、埼玉北部は猛暑以外は至って平穏ですが、西日本の皆様におかれましては大変な日々をお過ごしの事と思います。大きな災害に見舞われた事のない私にはかける言葉もありませんが、実父が借金をしその後一家で夜逃げ、実父失踪など色々ありましたが無事に大人になれた私のような人間もいますので、今の状態がずっと続くわけではないという事だけ申し上げておきます。

 

さて、タイトルの通りなのですが、先日「CALL ME BY YOUR NAME」の朗読CDを購入しまして、iTunesに入れてこれからiPhoneで聞くぞ!と作業していたところ

0x800000a

のエラーが出て再起動しても何してもiPhoneを認識しなくなってしまいました。

iTunesの新しいバージョンがあるというのでストアから更新したんですけど、どうもそれがいけなかったようなんですが、普通にアプリストアへ行けって表示されるからその通りに進んだだけだったのに……。

それでとりあえずiTunesを削除するか、と思ってコンパネ開いてもiTunesがいない。とりあえずiTunesを削除するには

  1. iTunes
  2. Apple Software Update
  3. Apple Mobile Device Support
  4. Bonjour
  5. Apple Application Support (32 ビット)
  6. Apple Application Support (64 ビット)

この順番で削除していき、なおかつプログラムファイルで

iTunes
Bonjour
iPod

この3つが残っている場合には削除するという手順を踏まなければいけないようなんですが、調べる前に目についたものから削除していったらApple Software Updateが削除出来なくなってしまいまして、仕方ないので古いバージョンのiTunesをダウンロードして順番に削除し直しました。

ゴミ箱を空にして再起動し、Microsoftアプリストアから最新のiTunesを入れなおして、さぁこれでどうだ……!とiPhone繋いでみても同じエラーで認識できず。

ダメもとでもう一度iTunesを削除し、古いバージョン(今回は12.4.3でした)のiTunesをインストール。古いバージョンのiTunesを起動しようとすると、ライブラリの形式が合ってないよ、というメッセージが出たのでMusicフォルダの中のiTunesファイルのそれらの項目を削除したら立ち上がりました。

立ち上げるとiTunesの新しいバージョンがあるよ、というメッセージが出たので、ストアに移動せずApple Software Updateから取得した更新データから最新のiTunesにしたら、ようやく、iPhoneを認識しました……!!!

長かった……。

……長引いたのは削除の手順を間違えたせいなんですが、それにしたってiTunesをダウンロードしようとすると自動的にMicrosoftのアプリストアに飛ばされるのに、そこからダウンロードしたらエラー吐くってどういう事なんだ……。

もう今後は更新は全部Apple Software Updateにお任せしよう……。

ブログをスタートした2018年、上半期。

今週のお題「2018年上半期」

 

私は昨日は「レディバード」を観てきましたが、皆様、如何お過ごしでしょうか?近所では上映していなかったので日比谷まで行ってきたのでずが、東京は埼玉よりも涼しかったです。本当に最高気温ど真ん中地域なので暑い……。

 

さて、上半期振り返りなのですが、順に振り返って行きましょう。まぁなんと言っても1月は、このブログを始めた事ですね。これまではBL本を読んでは「読書メーター」で短い雑感を書いていたのですが、本ごとではなくもっとまとめた記事が書きたいなーと思って始めた次第です。でも文章をまとめるチカラがなくて、あまり最初の計画通りにはいっていません。下半期はこの辺をもう少し頑張っていきたいです。

あと、ブログを始めるにあたってノートパソコンを新調しました。アイコンとか自分で描いたろ、と思ってデジタイザ載ったやつにしたんですが、今のところ宝の持ち腐れです。図柄が全然浮かばないまま半年が過ぎてしまったのですが、皆さん、どういうふうに決めているのでしょうか?これも早々にどうにかしたい。

ちなみに機種はこれです。

www3.lenovo.com

 

2月にはひとつ年を取り、あれよあれよという間に30代最後の年です。子供の頃は自分が40になるなんぞ想像も出来ませんでしたが、総じて子供時代より自由で幸せです。BLの受じゃあるまいし!ってセルフツッコミを入れる程度には山あり谷ありな子供時代だったので、比較してと言うだけで、とくに何かを為しているわけでも無い平凡な日々ですが。子供時代の事はゆとりが出来たら別ブログをやるのもありかな、とは思っているのですが……まぁ覚えていない事も多いし、向き合うのもちょっとヘビーなので気が向いたらやるかもしれません。夜逃げ体験とか、需要あるのかな。

 

3月は仕事が徐々に閑散期に向かいつつありましたが、今年は花粉症が物凄かった事が印象に残っています。花粉症の時期だけで4回も耳鼻科に行ったのは人生初でした。

 

4月は職場の人手不足から部署が統合されまして、新しい人達を沢山迎え、下っ端の私にも研修の任が回ってきて不安しかありませんでした。研修の段階で嫌になって辞められたらどうしようっていう。終わってみれば、意外と平和でしたけどね。それでも3ヶ月経った今も完全には打ち解けてない感があります。

あと、4月は末に「君の名前で僕を呼んで」を観て、新たな沼にハマり、5月も6月も新しい沼に振り回されているうちに終わった感じがします。Amazonプライムに入ったり、Netflixに入ったり、インスタのアカウントを取ったり、Amazon.com(日本じゃないよ!)からDVDを購入したり、ですね。

ヘンリーカヴィル氏出演作は全て揃いました……ふふふ。大人って、怖いですね。

 

早くも夏バテ

 毎日、暑い日が続いていますね。

休みの日は午前中いっぱい寝て過ごしたい!と思っても布団(あ、ベッドではないのです)がアッツアツになってしまって寝られない季節になりました。

埼玉県北部で、川を渡ると群馬県館林。

そうです。

毎年、最高気温を争っている地域なのです……。そんなもん競わないでほしいですが、事実、暑いのでどうにもこうにも。

木曜日、朝、目が覚めて体を起こした瞬間に

「あ、熱ある……」

と気付いてすぐ体温を計ったところ、寝起きで37度超え。加えて目眩と、とにかく頭が重だるくて、最初は

「あれ?寝冷えして風邪引いた?」

と思ったんですが、翌日も同じような症状で、鼻も喉も特に症状が出なかったので

「これはひょっとして早くも夏バテ?まだ梅雨があけたばかりの6月なのに?」

とあたりをつけて、普段より塩分高めの食事をとり、水だけじゃなくスポーツドリンクを飲むようにしたらちょっと落ち着きました。

本当にまだ6月だよ!?今年は夏バテしないぜって誓ったばかりなのに!?っと腑に落ちない気持ちでいたのですが、前日の行動を思い返してみて理由が解りました。

私は常々長風呂なのですが、まだ今の時期も湯船に一時間くらいは毎日浸かっています。それだけなら別段問題はないのですが、発熱した前日は夕食時に缶ビールを一本呑んでいました。

完全に自業自得です。

とは言え、アルコールを呑んだ時はアルコールの倍量の水分補給を心掛けていますし、呑んだのも350ml缶一本で適量の半分以下にも関わらず、朝起きたら発熱していたので(おそらく軽い脱水症状だったのでしょう)、一つ一つは適正の範囲内でもコンボは決めちゃまずい、というのがよく解りました……。

 

夏のビール、美味しいんですけどね……。

呑んだら長風呂、ダメ、ゼッタイ!を今夏のスローガンに掲げようと思います。

 

そんなこんなで7月に入りまして、6月は更新回数が5月より微減していたのですが、トータルアクセス数は微増していたので、まぁまぁ良い月でした。

引き続き頑張りたいと思います。

「純潔☆騎士のグランツライゼ」せいか

 寝違えたらしく右の首の付け根が痛いですが、皆様は如何お過ごしでしょうか?昼間は塗るタイプの消炎鎮痛剤で過ごしましたが、寝る時は湿布を貼ろうと思います。ボルタレンフェルビナク配合のお高い湿布は肌にピッタリ貼れますが、昔ながらの湿布はすぐに剥がれてしまいますよね。そんな時は固定用伸縮性粘着シートと検索すると幸せになれます。昔は市販の湿布にも付いてたのになー。

さて、今日はせいかさんの「純潔☆騎士のグランツライゼ」をご紹介します。せいかさん大好き!

純潔・騎士のグランツライゼ (アイズコミックス)

純潔・騎士のグランツライゼ (アイズコミックス)

 

 

 美形エルフと童貞騎士が繰り広げる、ドキわく・冒険ファンタジーBL!
青年・ガエルは幼い頃から聖騎士を目指しているが、その条件は“清らかなる身を神に捧げる者"つまり、<<童貞>>でなければならないのだ……! ガエルはその慣習を信じ、童貞を貫いていたにも関わらず、聖騎士の試験に落ちてしまった。傷心で故郷に戻った彼は、街中で超絶美形のエルフ・エルシエラスと出会う。王を助けるために王都を目指しているという彼の護衛、兼案内役をするため、共に旅に出ることになったガエルだが…。

 

 ファンタジーです。人間とエルフなんですけど、コミックスでは致す前に終わっているので、はて、どちらが攻なのか?というのが今の時点ではハッキリしていません。色っぽいシーンはちゃんとあるので一応BL……でもWINGSあたりに載っていても通用しそうです。

ガエルの素朴な青年ぶりがとても好きです。せいかさんのお話しでは大体こういう素朴な人が主役で、トンチキな相手に振り回される悲哀がとても好きです。

この悲哀って結構難しいですよね。コメディには存在するけどギャグには存在しない、微妙なラインにあると思うんです、悲哀って。変人に振り回されるキャラはよく悲哀を滲ませているのでかわいそ可愛くてすごく好きで、そういうキャラには悲哀を感じています。

せいかさんのお話は割といつもそういう傾向なので好き。絵的にはたまに巨頭症を発症しちゃってるけど許容の範囲内です。

 

エロは薄くてもちゃんとキュンとして、なおかつ悲哀があるせいかさんの漫画、オススメです。