BL備忘録。プラスα

BL本のレビューなど。モバイル機器や競馬も好きなのでそういう話題もあるかと思います。

「純潔☆騎士のグランツライゼ」せいか

 寝違えたらしく右の首の付け根が痛いですが、皆様は如何お過ごしでしょうか?昼間は塗るタイプの消炎鎮痛剤で過ごしましたが、寝る時は湿布を貼ろうと思います。ボルタレンフェルビナク配合のお高い湿布は肌にピッタリ貼れますが、昔ながらの湿布はすぐに剥がれてしまいますよね。そんな時は固定用伸縮性粘着シートと検索すると幸せになれます。昔は市販の湿布にも付いてたのになー。

さて、今日はせいかさんの「純潔☆騎士のグランツライゼ」をご紹介します。せいかさん大好き!

純潔・騎士のグランツライゼ (アイズコミックス)

純潔・騎士のグランツライゼ (アイズコミックス)

 

 

 美形エルフと童貞騎士が繰り広げる、ドキわく・冒険ファンタジーBL!
青年・ガエルは幼い頃から聖騎士を目指しているが、その条件は“清らかなる身を神に捧げる者"つまり、<<童貞>>でなければならないのだ……! ガエルはその慣習を信じ、童貞を貫いていたにも関わらず、聖騎士の試験に落ちてしまった。傷心で故郷に戻った彼は、街中で超絶美形のエルフ・エルシエラスと出会う。王を助けるために王都を目指しているという彼の護衛、兼案内役をするため、共に旅に出ることになったガエルだが…。

 

 ファンタジーです。人間とエルフなんですけど、コミックスでは致す前に終わっているので、はて、どちらが攻なのか?というのが今の時点ではハッキリしていません。色っぽいシーンはちゃんとあるので一応BL……でもWINGSあたりに載っていても通用しそうです。

ガエルの素朴な青年ぶりがとても好きです。せいかさんのお話しでは大体こういう素朴な人が主役で、トンチキな相手に振り回される悲哀がとても好きです。

この悲哀って結構難しいですよね。コメディには存在するけどギャグには存在しない、微妙なラインにあると思うんです、悲哀って。変人に振り回されるキャラはよく悲哀を滲ませているのでかわいそ可愛くてすごく好きで、そういうキャラには悲哀を感じています。

せいかさんのお話は割といつもそういう傾向なので好き。絵的にはたまに巨頭症を発症しちゃってるけど許容の範囲内です。

 

エロは薄くてもちゃんとキュンとして、なおかつ悲哀があるせいかさんの漫画、オススメです。