BL備忘録。プラスα

BL本のレビューなど。モバイル機器や競馬も好きなのでそういう話題もあるかと思います。

「弦巻先生の作家生活」tacocasi

季節の変わり目で温度変化が激しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私はというとスギ花粉のピークが過ぎ、あとはヒノキ花粉が落ち着いてくれるとマスク生活ともおさらばです。詳しいアレルギー検査はした事がないのですが、夏も秋も河川敷なんかに行くと鼻がムズムズするので他の花粉症もきっとあるんだろうなぁー野球少年じゃなくて良かったなと思う日々です。

さて、今日は初めて読む漫画家さんの作品を紹介したいと思います。

弦巻先生の作家生活 (マーブルコミックス)

弦巻先生の作家生活 (マーブルコミックス)

 

 

昔から人の縁に薄い​青年・槇大吾は、ある日「俺の仕事を手伝わないか」と見知らぬ男に声をかけられる。
怪しげだが美しいその男の正体は、人間界の文士に憧れ、めでたく小説家デビューを果たしたばかりの鬼・イチイであった!
公の場に姿を現すことのできないイチイの影武者として“作家・弦巻先生"を務めるべく​、​​​イチイと隷属契約をし​、​ともに暮らし始めた槇だったが?!

 

 人間界で小説家になりたくて執筆活動を続け、無事作家になるも鬼のままでは担当と打ち合わせも出来ないので影武者にと槇をスカウトするイチイ。イチイにはもれなく従者の煤竹がついてきて、煤竹の人間界での姿はフェレット、というなんとも珍妙な、でもほのぼのとしたBLでした。

隷属契約した槇には既に他の妖の者がついていて、それによってイチイも影響を受けてしまい、回避する術はないかと右往左往、イチイの弟(イチイより能力が強い)が出てきて二人を引き離したりとドラマチックな展開が待っています。

イチイが作家を目指したきっかけは大昔に出会った人間なのですが、その人物も二人の恋愛模様に大いに関係していて、突飛な展開ではありませんが面白かったです。

そのものズバリのシーンはありませんが世界観には合っているんじゃないかな。おとぎ話みたいな余韻を味わえました。かわいいお話が好きな人にはオススメです。

あと個人的に煤竹の人型が地味すぎて好きでした。