BL備忘録。プラスα

BL本のレビューなど。モバイル機器や競馬も好きなのでそういう話題もあるかと思います。

モテすぎて困ってしまうBL

たまたま続けて読んだ作品が、どちらもモテてすぎて生きづらい受のお話だったので思いつく作品を挙げてみようかなと思います。

 

今回読んだのはまずこちらです。

あなたのものにしてください (プラチナ文庫)

あなたのものにしてください (プラチナ文庫)

 

あれ、表紙画像ない。ま、いいか。イラストは秋吉しまさんです。はじめましてだと思うのですがこの方左利きかしら?表紙で二人とも右向きの顔って珍しい。

子供の頃に大人の男性にイタズラされて以来、男性恐怖症で男性に触られると過呼吸を起こしてしまう超絶美形な瑞希と、それを理解しプラトニックなお付き合いをしてくれる黒川のお話です。

イタズラされた過去から必要以上にゲイを毛嫌いするキャラクターというのは珍しくありませんが、ここまでの恐怖症を抱えるキャラクターは初めて読んだかもしれません。

流石にちょっと設定が力業かなと思います。夕映さんの筆力をもってしてもちょっと極端だよなと思ってしまいました。

でも黒川が徐々に外見だけでなく瑞希の内面にも惹かれ愛を育んでいく様はとても楽しく読めました。甘々です。

 

もう一つはこちら。

魔性の男と言われています (キャラ文庫)

魔性の男と言われています (キャラ文庫)

 

 どこをどう見ても平凡な容姿の名波だが昔から男にモテてモテていつもまわりで諍いが起きる。職場の上司がストーカーになってしまい、とうとう事件と呼ぶほどの大事になり職も金も家も失い世をはかなんで身投げしようとしたところを漆喰職人の比嘉に助けられる、というお話。

このお話は比嘉がとっても格好いいです。中原さんらしい魅力的なキャラクターでした。

周りのクラスメイトや同僚、はたまた取引先などが勝手に自分を巡る恋のライバルになって恋愛沙汰が起こるというのは辛いでしょうね。しかも名波は容姿が平凡だから相談しても信じてもらえないという所で二重に辛い。比嘉も最初は話半分だったのに、一緒に働くうちに名波の魔性たるゆえんを知るところになるのが面白かったです。

電子書籍で読んだのですが限定SSの幼児に惚れられてしまうお話も良かったです。BL的に将来有望。

 

どちらも男からモテすぎて辛いお話ですが、夕映さんのお話は瑞希が痛々しく、中原さんのお話は職人に囲まれて一生懸命に仕事をしている名波がいじらしく、というのが一番印象に残っています。

選ぶ仕事も男性がほとんどいない保育士と、人と関わる事が最低限の工場のライン仕事、とキャラクターが出ていて面白い。

 

BLは所詮恋愛がメインで幅が狭い世界と思われがちですが、作家さんの味付けによって全然味わいが変わってくるのが面白いですね。

 

その他に男にやたらモテるっていうと思い浮かぶのはこちらです。

 BL読者の方には説明不要の有名な作品かと思います。

モテモテですが、鈍感すぎて気づいていないので本人はあんまり困っていませんが、知賀が困っていますね。近藤君も巻き込まれて困っているだろうし、生徒会の面々は割と困らされています。

コミックスがここ数年出ておりませんが連載、どうなっているんでしょうか? 伏線を回収して頂いて、心置きなく国斉と知賀にイチャイチャしてほしいものです。

 

……色々思いめぐらせてみたのですが、モテモテなお話って意外と記憶に残っていませんでした。

たらこさんの「SEX PITOLS」とか近年流行りのオメガバースなんかも特定の種にモテモテなお話ではありますが、ちょっと違うしなー。

 

また思い出したら追加しようと思います。